2016年09月15日

秋の健康診断キャンペーン

IMG_20160913_190405.jpg

秋の健康診断キャンペーン紅葉

IMG_20160913_190023.jpg

ワンちゃんネコちゃんの1年は犬(足)

人間の4年に相当します足

健康で元気な時のデータを取っておくと、

もし病気になってしまったときに参考になります

また定期的に健康診断をすることで

病気の早期発見にもつながります

IMG_20160913_185921.jpg

季節な変わり目は人もイヌもネコも体調を崩しがち。

日ごろから健康に気を使っていて病院には無縁のコも

キャンペーンを機会に健康診断を受けてみましょうひらめき

検査項目は

体重・体温測定、お腹・心臓の超音波検査、

聴診、歯・皮膚・目・耳などの全身チェック

貧血の有無、栄養状態、肝臓、腎臓、コレステロール、血糖値など。

通常16,600円(税抜)のところ、

11月30日まで7,500円(税抜)

ニックネーム かもい動物病院 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | かもい動物病院の今日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在我が家の子は5歳で検診を4歳の終わりの頃から半年に1回受けさせているのですが、あまり受けさせるのも犬の負担になるので検診は7歳になるまでは行う必要はないですか?
Posted by 森田晃生 at 2016年09月17日 20:08
森田様

はじめまして。コメントありがとうございます。

ご愛犬を診察していないのでここではご希望通りの返答はできませんが、ご愛犬の持病の有無や動物病院によっても、検診内容や価格は異なります。

体重や体温を測るだけならあまり負担にはなりませんが(なかには病院が嫌いでイヤがるコもいますが)、血液検査の項目数が増えれば必要な血液量も増えます。アレルギー検査には10ml必要なこともあります。

心臓病をお持ちで半年に一回レントゲン検査が必要なコもいますし、超音波検査でお腹の様子を経過観察しているコもいます。

ですので、当院ではそのコそのコの状態をその都度診察してから必要な検査を提案しています。
飼い主様のご希望があれば、半年に1回のペースで検診を行いますが、必要なければこちらからはすすめません。
一般的に、大人しくしてくれれば、動物に負担となる検査は多くはありませんよ。
心臓病で仰向けにすると苦しくなるコとかは別ですが。

7歳からシニアとは言われていますが、健診のスタート時期の基準は、人間のように特に決まっていませんので、ご愛犬の様子を観察し、気になることがあればかかりつけの獣医さんとよくご相談ください。
必要な検査項目を提案してくれるはずです。

ちなみに当院は、採血が一度で済むのでフィラリアの検査の時には若いコにも健診を薦めています。
(病気が疑われるコはもちろん常時検査します。)
秋の健康診断キャンペーンはお安く設定してあるので、一度も検査したことのないコに特におすすめのキャンペーンです。
Posted by かもい動物病院 at 2016年09月18日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4169552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック