2015年04月28日

かくれんぼ?

3.jpg

おじき、かくれんぼしてんのかな?

2.jpg

なかなか見つからないの

5.jpg

音はするんだけど・・・

4.jpg

待合室にもいないの

1.jpg

はやく出ておいでよ〜

と言ってるかのように、つまらなそうな表情のあんこです

朝起きても、まずはいろんな部屋をのぞいて
シヴァを探しているようです

ニックネーム かもい動物病院 at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 成犬の生活(あんこの場合) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シヴァくんのご冥福をお祈りします。

寂しくなりますね。でもご家族みんなに看取ってもらって、最後の最後までシヴァくんは幸せだったと思います。
何度も覚悟する時間を与えてくれたシヴァくんはおりこうでしたね。よく頑張りました。
後悔の気持ちも出てくるかもしれませんが、きっとシヴァくんは先生方に感謝の気持ちでいっぱいだったと思いますよ♪
Posted by あい at 2015年04月28日 23:44
今までいた人が突然居なくなる寂しさを理解するのは難しいですね。あんこちゃんも寂しいよね。かな先生のそばにいつもシヴァちゃんがいて楽しい時も辛い時もいつもシヴァちゃんと共に過ごしてこられたんでしょうね。寂しさを思うと心が痛いです。虹の橋でかな先生がいつか来てくれる日をシヴァちゃんは待っていてくれるでしょう。その日まで一生懸命悔いなく頑張る事が一番のシヴァちゃんの供養になるのでしょうかね。
Posted by CoCoママです! at 2015年04月29日 00:21
あい様

コメントありがとうございます。
ペットには「成仏」という概念がないから、ずっと飼い主のそばにいるんだよって、ある患者様に言われました。
動けなくなった肉体から離れて自由になったシヴァの魂が、私の近くにいつもいると思うと寂しさも半減し、愛おしいと思ってしまいます。
そう思う私の気持ちが、シヴァの魂を縛りつけているのかもしれませんが…。
倒れた時、何度も覚悟は決めたつもりでも、心の奥では「やっぱり離れたくない」という強い気持ちがあったから、シヴァを頑張らせすぎちゃったのかなと、いろんなことを考えてしまいます。
感謝してもしきれないのは、私の方ですね。
子離れできない私のそばに、長いこと居てくれたわけですから四葉
Posted by かもい動物病院 at 2015年04月30日 17:48
CoCoママ様

学生の頃からシヴァは私のそばにいてくれました。
イヤなことがあってふてくされていた時も、具合が悪くて寝込んだ日も、ぴったりと寄り添って元気づけてくれていました。
彼は無口だから何も言わないけど、モサモサの毛をくっつけてくるので、それをしばらく撫でていると、自然に心が落ち着いてきて癒されるんです。大きな存在でした。
最期は痩せて骨ばってしまったけれど、撫でたあの感触は忘れられませんね。いつか虹の橋へ行ったら、真っ先にモサモサを撫でてあげたいですね
Posted by かもい動物病院 at 2015年04月30日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4027165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック